小城市小城町小隈 江頭國男さん(大15生)

 むかし、あるところに、

親の反対ばかりする子がいたそうです。

「山に行って山仕事してこい」と言うと、

川に行って魚取りしてくる。

それで、お父さんが、

この子はまともなことを言ったら反対のことばかりする。

俺が死ぬ時は、山に埋めてもらいたいと思って、

「川の土手に埋めろ。そこに墓を作ってくれ」

と言って死んだそうです。

そうしたら、その子供が、

せめて最後だけはお父さんの言うことをきこうと思って、

正直に、川の土手に埋めたそうです。

それで、雨が降ると、

「お父さんの墓がきゃぁ流れはせんか」と言って、

蛙になって鳴くようになったそうです。

最後に、正直に親の言うとおりにしたので、

今度は、心配して、いまだに、雨が降りだしたら、

「ギャギャギャ」って鳴くそうです。

そんな話を聞きました。

(出典 小城の口承文芸 P30原題:54 仏ビッキー)

佐賀弁版 TOPへ