三田川町上中杖上 堤 ウタさん(明44生)

 安珍と清姫が一緒になられんくさんたぁ。

大体、今の言葉でいうない、恋人同士やったろう。

そいぎぃ、とうとう一緒になられんない、

安珍て言うのは、坊さんでしょう。

坊さんじゃいけんが、一緒になられんもんじゃい、

清姫が恋慕うて、ずうっと行ったところがね、

川のあったらしかですね。

そいぎ、その川ば渡られんもんじゃい、

蛇(じゃ)になって泳いで行ったそうですもんね。

そいぎぃ、安珍さんは鏡の中に隠れとって、

鏡ばね、その清姫が巻き付けたね。

そいけん、お寺の鏡には蛇が入れてあって

言う話は聞いたですね。

(出典 未発刊)

標準語版 TOPへ