吉野ヶ里町曽根 古賀フユさん(明38生)

 猿と蟹(がに)が餅ば搗いたて。

蟹が返しぎゃ行った時に、猿は柿の木に登ったて。

そうしたりゃ、蟹が、

「俺も、いっちょくれーんかん」ち言うたて。

そいぎぃ、

「嫌(いや)」ち言うたてそいぎぃ、蟹が、

「うちのお爺さんは、『餅袋ば枯れ枝さげて食うぎうまか』

ち言うて、言いないよったばん」ち言うたて。

そいぎぃ、猿が餅袋ば枯れ木さげたぎぃ、

枝のおし折れたもんなた。

そいぎぃ、蟹がそいば穴ん中(なき)ゃあもって走ったて。

そいぎ、猿が、

「くいろ」ち言うたて。蟹は、

「嫌(いや)」ち言うたて。そいぎぃ、猿が、

「くれんないば、糞たいかくっちゃあ」ち言うて、

穴ん中に糞たいかけたぎぃ、蟹が尻ばはさんだて。

そいけん、猿の尻は真っ赤て。

[大成 二三 猿と蟹の寄合餅 cf.AT九C]

(出典 未発刊)

標準語版 TOPへ